読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かと少数派な人のブログ

生まれつき茶髪、左利き、繊細…少数派な女の人生

学生時代 同級生の思い込み

 今回は生まれつきの茶髪について、学生時代に遡らせていただきます。

 

 中学生だったある日、幼馴染みの男子生徒は私に

「染めているだろ」

と放ったのです。

もちろん私は否定するわけですが、

「いいや、染めてる」

と決めつけられたのです。

なんの根拠があって決めつけたのかはわかりません。彼は生まれつき髪が黒くない人が少なからずいるのを知らなかったのでしょう。当時の私は初めて髪の色を指摘され不思議に思いました。

 

 同級生の思い込みは、必ずしも言葉で表されるとは限りません。

高校生になり友達が少なかった私に、無言の思い込みが牙を剥いたのです。

 

一部の女子生徒ではありましたが、私の茶色い髪を妬んでいるようでした。また、私が頭髪指導で引っ掛からないのを知って、私の地毛そっくりに髪を染めている人がいました。

当然私は頭髪指導をなんなくクリアするわけですが、その人は引っ掛かって黒染めさせられるわけです。朝の通学の度にその人の視線が気になりました。

でもここで黒染めしたら私の負け。せっかく先生たちに理解されているのだから、一度も染めずに高校生活を終えました。

 

もう1つ、少し迷惑な思い込みもあります。

真面目だから髪を染めないとは言い切れません。

 

入学間もない日の昼休みに、高校一年の男子のクラスメートたちが

私の髪色を見てこんなやり取りをしていました。

 

「あの子(髪が)茶色いけど染めてるのかな?」

「こんな真面目な子が(髪を茶色く)染めるわけないよ」

 

地毛だと信用されるのに、真面目だとか成績がよいとか

条件がつくのはおかしいことだと私は思います。

 

生まれ持った地毛は人それぞれ

黒くない髪は、必ずしも染めた髪とは限りません

染めていると決めつけること、注意されていないからと真似して染めること、

された方としては、傷つきますし迷惑になると私は感じます。