発達障害と付き合う人のブログ

発達障害、生まれつき茶髪、左利き…色々なものを持つ女

一歩踏み出す勇気

一歩踏み出す勇気

最近になって、改めて足らないなと感じました。

 

デイケアのグループワークで、

リーダーかサブリーダーに挑戦したいという気持ちが

あったものの、

メンバーの前では、一歩が踏み出せませんでした。

 

メンバーさんたちが納得してくださるか、

運営側が困らないか、

私自身に大きな負担をかけてしまわないか…。

 

やっと腹をくくって、書面で立候補したのは昼休みのこと。

でも、一歩踏み出したら頭のもやもやがスッキリしました。

 

 

思い返せば、腹をくくるのに時間がかかって

周りの人に先を越されたことや、時間切れになったことが

何度もありました。

 

学生時代、役割を決めるときに誰も立候補しない様子だと

私が立候補した方がいいかなという気持ちになりました。

ところが、立候補しようというところまで固まらなくて

「やりたい人がいないので、こちらから指名します」とか、

「私がやります」と他の人にてをあげられたりとかしました。

 

「やってみたいけど迷っている人」がいないか聞いて、

その人の不安を解消して、やってもらうという方法をとれたら

やりたくない人が仕方なくやらされることも

ないと思うのですが。

 

一歩踏み出そうとしている人に寄り添い、

一歩が踏み出せる社会にも、なっていってほしいものです。

 

私は、リーダーというのは

人を引っ張っていくだけでなく、

周りの人がリーダーに寄り添い支えているから

成り立っているものだと思っています。